ビジネスの場で着けるならどんな機械式時計を選べば良いか?

スーツとの相性を考える

機械式時計の魅力は、ファッションセンスの高さです。なぜファッションセンスが高いのかというと、伝統あるメーカーが長い時間をかけて形作って来た物だからです。歴史がある所だと機械式時計を作り始めてから200年以上経過しています。ところで、このような特徴を持つ機械式時計をビジネスの場で使うとしたら、どんな点を気を付けるべきなのでしょうか。やはり、スーツとの相性が重要となってきます。腕は意外と目が行くので、目立ちすぎると悪印象です。つまり、バランスが大事であると言えます。

時計の色はシルバーが無難

ビジネスの場で機械式時計を使うとしたら、地味目な落ち着いた色の物を選ぶのが無難です。例えば金無垢やダイヤモンドをふんだんに使ったラグジュアリータイプの時計は、自己主張が激しいためスーツに合わせると浮いてしまいます。そこで、形状はおしゃれなものでも構わないので、ステンレスやチタンが用いられたシルバー色がバランスが良くおすすめです。これであれば、交渉の場でつけていたとしても浮くことはないでしょう。ベルトはシルバー色の物でも革性でも相性は悪くないので、好みで選択すると良いです。

文字盤の大きさは腕に合ったサイズを選ぼう!

文字盤のサイズも、あまり大きいと同様に目立ってしまいます。やはりバランスを意識しましょう。ただし、腕が太い人であれば多少文字盤が大きくても問題ありません。むしろバランスが取れて、見た目の印象も良くなるでしょう。このように身に着ける物である以上、背格好や腕の大きさなども意識して選択すると、失敗をせずに済みます。以上の諸点を考えて、販売店の人の意見も参考にしながら、ぜひビジネスに合う最高の機械式時計を見つけ出して下さい。

グランドセイコーは世界的にも人気が高いブランド品ですから、売却を希望しているなら高額が期待できます。