知っておきたい!中華料理の多様性について

中華料理には色々ある

中華料理というと、ラーメンや餃子などの日本風にアレンジされたものが人気ですが、本場中国や台湾の料理を提供している店も多くあります。一般的に本場の中華料理は、北京料理・四川料理・広東料理・上海料理の4つに分けることができ、それを「中国4大料理」と呼んでいます。中国はヨーロッパに匹敵するような広大な国土を持つため、各地でそれぞれの食文化が発展してきたという経緯があります。なので、単に中華料理という枠で一括りにできないような多様性があるものだと言えるでしょう。

内陸部で発展した北京料理と四川料理の特徴

「北京料理」は、中国北部の料理で、宮廷料理が発達したものだと言われています。北京ダックや餃子、肉まんなどがよく知られているメニューで、寒い地域のため、塩味が強く味付けが濃厚なのが特徴だと言われています。そして「四川料理」は、中国西部という、夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しいという気候条件の下で発達した料理だと言われています。唐辛子や山椒などの香辛料が豊富に使われているのが特徴で、代表的な料理としては、麻婆豆腐や海老チリなどがあります。

沿岸部で発展した上海料理と広東料理の特徴

「上海料理」は、中国東部の料理で、海老や蟹などの魚介類が豊富に獲れる地域です。素材を活かした淡白な味付けのものがある一方で、「あんかけ」などの濃厚な味付けのものもあります。また、豚の角煮は代表的な上海料理になります。そして「広東料理」は、中国南部の料理であり、山や海の幸に恵まれているという環境にあるため、味付けも上海料理と同じように淡白なものが多いと言えます。広東料理の代表的なメニューとしては、酢豚やフカヒレスープなどが挙げられます。

肉まんは、コンビニなどで食べられる食品で、とても美味しいです。特に、冬の時期になると、レジの前に良く見かけます。